1.用紙設定と見積No.の挿入:Wordで見積書を作ってみよう

用紙の余白設定、行間隔の設定を行い見積No.を挿入します。見積No.は右寄せにした場合スペースが削除されてしまうので、体裁で空白が削除されないように設定します。

Word基礎講座 > テンプレートを作ってみよう > 見積書を作ってみよう > 用紙設定と見積No.の挿入

用紙設定を行う

リボンの[ページ レイアウト]〜[余白]から「やや狭い」にします。
[余白]から「やや狭い」にする

段落グループの間隔で「前の間隔」と「後ろの間隔」を0ptにします。
「前の間隔」と「後ろの間隔」を0ptにする

フォントの設定を行う

リボンの[ホーム]〜フォントグループでフォントとフォントサイズを設定します。
フォントグループでフォントとフォントサイズを設定する

見積No.の挿入

1.「見積No.」とスペースをいくつか入力します。
2.入力した文字列全体を選択し、フォントグループの[下線]をクリックします。
「見積No.」とスペースをいくつか入力する

文字列の末部分にスペースが入力した状態で右寄せするとスペースが勝手に削除されてしまいます。
そこでスペースが削除されないように設定します。

1.リボンの[ホーム]〜段落グループ右下のアイコンをクリックします。
2.段落ダイアログが開くので[体裁]タブにし、改行時の処理部分の[英単語の途中で改行する]にチェックを入れます。
改行時の処理部分の[英単語の途中で改行する]にチェックを入れる

右寄せにします。
上で設定したのでスペースは削除されていません。
右寄せにする

Topへ

Microsoft Word基礎講座