4.見積金額の合計欄と印鑑枠の作成|Wordで見積書を作ってみよう

左側に合計金額を表示する欄と、右に3個の印鑑枠をどちらも表を使って作成します。合計金額は下線のみにします。

Word基礎講座 > テンプレートを作ってみよう > 見積書を作ってみよう > 見積金額の合計欄と印鑑枠の作成

見積金額合計を追加する

有効期限から4行下に、1列×1行の表を挿入し、「お見積金額:」と入力します。
1列×1行の表を挿入し、「お見積金額:」と入力する

挿入した表は外枠の罫線になっているので、下線のみにします。
表を選択した状態で、リボンの[ホーム]〜段落グループの[罫線]右の▼をクリックし、表示されるメニューから[枠なし]をクリックします。
罫線メニューから[枠なし]をクリックする

もう一度リボンの[罫線]から[下罫線]をクリックします。
これで表は下線のみになりました。
リボンの[罫線]から[下罫線]をクリックする

印鑑枠を作成する

上の見積金額の下で、リボンの[挿入]〜[表] 〜[1行×3列]を選択し、表を挿入します。
もし、担当者や課長などを印鑑の上に表示したい場合は、2行にしてください。
次にリボンの[表ツール]〜[レイアウト]〜セルのサイズグループで、行の高さと列の幅を調整します。
[1行×3列]の表を挿入する

下の場合、行の高さと列の幅は17mmに設定しました。
作成した表をFAXの2行下へドラッグします。
作成した表をFAXの2行下へドラッグする

これで、見積金額の合計欄と印鑑枠が作成できました。


Topへ

Microsoft Word基礎講座