5.明細表の追加と項目名の入力|Wordで見積書を作ってみよう

品名などを入力する明細表を作成し、左から「品名」「数量」「単価」「金額」の項目名を入力します。その後、行高さと列幅の調整まで行います。

Word基礎講座 > テンプレートを作ってみよう > 見積書を作ってみよう > 見積金額の合計欄と印鑑枠の作成

明細表を挿入し項目名を入力する

御見積合計と印鑑枠の リボンの2行下に移動し、リボンの[表]〜[8行×4列]を選択します。
リボンの[表]〜[8行×4列]を選択する

左から「品名」「数量」「単価」「金額」の項目名を入力します。
項目名の行を選択し、リボンの[表ツール]〜[レイアウト]〜配置グループの[中央揃え]をクリックします。
これで項目名は左右上下の中央に表示されます。
項目名を入力し中央に配置する

列幅と行高さを調整する

それぞれの行に移動し、リボンの[表ツール]〜[レイアウト]〜セルのサイズの[列の幅の設定]で行います。
「金額」 : 33mm
「単価」 : 33mm
「数量」 : 23mm
「品名」 : 83mm
セルのサイズの[列の幅の設定]で調整

1.表全体を選択します。
2.リボンの[表ツール]〜[レイアウト]〜セルのサイズの[行の高さの設定]で行います。
好みや行数で決めればいいですが、ここでは9mmに設定しました。
セルのサイズの[行の高さの設定]で調整


Topへ

Microsoft Word基礎講座