練習問題3:字下げを2種類の方法で行う:Wordの資格試験

字下げとは、段落の一文字目を空白にし、文章の切れ目を分かり易くするためのものです。

ここではルーラーで行う方法と、数値で指定する2種類の方法で行います。

Word基礎講座 > Wordの資格試験 > 字下げを2種類の方法で行う

問題 : 練習問題2で作成した文書を開き、2種類の方法で字下げをしてください。

1)「拝啓〜」で始まる行の上で改行してください。
2)「さて〜」と「なお〜」で始まる2行数を複数選択し、ルーラーの「1行目のインデント」で1文字 字下げしてください。
3)「末筆では〜」で始まる段落の1文字目を、4mm字下げしてください。

実行完了画面
字下げをした文書

解答(操作手順)

「拝啓〜」の先頭に移動しEnterキーを押します。
先頭に移動しEnterキーを押す

「さて〜」の行の、左の余白部分をクリックします。 これで1行選択できます。
「なお〜」の行の、左の余白部分をCtrlキーを押しながらクリックします。 これで2行選択できます。
左の余白部分をCtrlキーを押しながらクリックする

ルーラーの「1行目のインデント」を1文字分右にドラッグします。
これで複数行を同時に字下げできます。
複数行を同時に字下げできる

「末筆では〜」の行の上で右クリックします。
表示されるメニューの[段落]をクリックします。
メニューの[段落]をクリックする

段落ダイアログが開きます。
インデント部分の、最初の行を「字下げ」にし、幅を「4mm」にします。
これで数値を指定した字下げができます。
数値を指定した字下げができる


Topへ

Microsoft Word基礎講座