Microsoft Word基礎講座:目次の超簡単な作り方:ページ番号のずれを修正

ワードの目次は自動で作成できるので超簡単です。手順は、目次にしたい段落を見出しに設定し自動作成するだけです。

目次単独のページにしたい場合は、ページ区切りを挿入します。

文書の編集メニューへ
Microsoft Word基礎講座

目次の追加

カーソルを目次にしたい段落に移動し、リボンのスタイルから見出しに設定します。
見出し1に設定すると目次の先頭列に表示され、見出し2に設定すると字下げした位置になります。
目次にしたい段落に移動し見出しに設定

1.目次を挿入したい位置にカーソルを移動します。 通常先頭なので、ここでも先頭にカーソルを移動しています。
2.リボンの[参考資料]の[目次]をクリックします。
[参考資料]の[目次]をクリック

目次の種類リストが表示されます。
ここでは一般的な、[自動作成の目次2]を選択します。
[自動作成の目次2]を選択

これで目次が先頭に作成できました。
目次が先頭に作成できた

目次ページの作成

1.目次の下の、段落の先頭にカーソルを移動します。
2.リボンの[挿入]の[ページ区切り]をクリックします。
[挿入]の[ページ区切り]をクリック

これで目次のページが完成しました。
目次のページが完成

この時点では目次のページ番号がずれています。
リボンの[参考資料]の[目次の更新]をクリックします。
目次のページ番号がずれている

目次の更新ダイアログが開きます。
[ページ番号だけを更新する](デフォルト)を選択し[OK]をクリックします。
目次にする見出しを変更した場合などは、[目次をすべて更新する]をクリックします。
[ページ番号だけを更新する]を選択し[OK]をクリック

これで目次のページ番号のずれを修正できました。
目次のページ番号のずれを修正

これまでの目次の作り方の手順です。

  1. 目次にする段落にスタイルの見出しを設定する。
  2. リボンの[参考資料][目次][自動作成の目次2]をクリックする。
  3. リボンの[挿入][ページ区切り]をクリックする。
  4. リボンの[参考資料][目次の更新]をクリックする。


Topへ

Microsoft Word基礎講座