Word基礎講座:ショートカットキー[Ctrl+Shift+F8]のブロック選択(矩形選択)モードの使い方

ブロック選択モード(矩形選択モード)の使い方を解説します。

文書の編集メニューへ
Microsoft Word基礎講座

通常の文字選択は文字単位や行単位ですがブロック選択の場合、任意の位置を四角の範囲で選択できるようになります。

これはメモ帳などの他のアプリにはない機能です。

あまり使う機会はないかと思いますが、Wordにはこのような機能があることを覚えておいてください。

ブロック選択モードのショートカットキーは[Ctrl+Shift+F8]です。

マウスで行う場合は、[Alt]キーを押しながらドラッグします。

関連する「ショートカットキー[F8]拡張選択モードの使い方」を参照してください。


ショートカットキー[Ctrl+Shift+F8]のブロック選択(矩形選択)モードの使い方

ブロック選択モード(矩形選択モード)の実行手順

通常のモードでは、カーソルを先頭におき、下にドラッグすると下画面のように行の端まで選択できます。

通常の選択モード
  1. 選択したい文字の前にカーソルを移動します。
  2. [Ctrl]+[Shift]+[F8]を押しブロック選択モードにします。
  3. 選択したい範囲の末をクリックすると、下画面のように四角の範囲で選択できます。
  4. そのままドラッグすると範囲を変更できます。
ブロック選択モードにしドラッグする

下のように、文書の途中からでもブロックでも選択できます。

選択できるとコピー&ペーストも可能になります。



ブロック選択モード(矩形選択モード)の解除方法

[ESC]キーを押すと選択状態が解除され、通常のモードに戻ります。



Topへ

Microsoft Word基礎講座