Word基礎講座:文字を選択する便利なショートカットキー一覧

ショートカットキーを使うと手をマウス移動しなくてもいいので早い入力ができます。ここではキーボードだけで文字を選択することができるショートカットキーです。

次の画面に移動[PageDown]・前の画面に移動[PageUp]や段落の先頭に移動[Ctrl]+[↑]・次の段落の先頭に移動[Ctrl]+[↓]・すべて選択[Ctrl]+[A]は、Windows操作でもよく使うので覚えておくと便利です。

ショートカットは基本の操作で実行可能ですが、使うと効率が上がる機能なので必ず覚える必要はありません。

日常的によく使う機能のみ覚えるようにしてください。

ショートカットキーの使い方

例えば、左の文字を選択([Shift]+[←])の場合、[Shift]キーを押しながら同時に[←]キーを押します。

これで左の文字が選択できます。

次の「編集に便利なショートカットキー一覧|コピー・貼り付け等」も参照してください。

基本操作・新機能メニューへ
Microsoft Word基礎講座

文字を選択する便利なショートカットキー一覧表

左の文字を選択 [Shift]+[←]
右の文字を選択 [Shift]+[→]
単語の先頭まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[←]
単語の末尾まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[→]
行頭まで選択 [Shift]+[Home]
行末まで選択 [Shift]+[End]
一行上まで選択 [Shift]+[↑]
一行下まで選択 [Shift]+[↓]
段落の先頭まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[↑]
段落の末尾まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[↓]
文頭まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[Home]
文末まで選択 [Ctrl]+[Shift]+[End]
画面の先頭まで選択 [Alt]+[Ctrl]+[Shift]+[PageUp]
画面の末尾まで選択 [Alt]+[Ctrl]+[Shift]+[PageDown]
1画面上まで選択 [Ctrl]+[PageUp]
1画面下まで選択 [Ctrl]+[PageDown]
ブロック選択(矩形選択)モードになります
ブロック選択(矩形選択)モードの使い方」を参照してください
[Ctrl]+[Shift]+[F8]
拡張選択モードになります
拡張選択モードの使い方」を参照してください
[F8]
拡張選択モードの順が逆になります [Shift]+[F8]
すべて選択 [Ctrl]+[A]
[Ctrl]+[テンキーの5]


Topへ

Microsoft Word基礎講座