Word基礎講座:画面表示を操作するショートカットキーの一覧表

ショートカットキーを使うと手をマウス移動しなくてもいいので早い入力ができます。ここではキーボードだけで使える、画面表示のショートカットキーの一覧です。

リボンの表示と非表示の切替え[Ctrl]+[F1]で画面が広く使え、編集記号の表示と非表示の切替え[Ctrl]+[Shift]+[8]で空白やタブの表示を切り替えることができます。

ショートカットキーの使い方

例えば、[最大化]と[元のサイズ]の切替え[Ctrl]+[F10]の場合、[Ctrl]キーを押しながら同時に[F10]キーを押します。

これで最大化と元のサイズを切り替えることができます。

メニュー先頭の「ホームリボンの違いや新機能を調査」も参照してください。

基本操作・新機能メニューへ
Microsoft Word基礎講座

画面表示を操作するショートカットキー一覧表

[最大化]と[元のサイズ]の切替え [Ctrl]+[F10]
ウィンドウを[元のサイズ]にする [Alt]+[F5]
リボンの表示と非表示の切替え [Ctrl]+[F1]
編集記号の表示と非表示の切替え [Ctrl]+[Shift]+[8]
下書き表示モードへ切替え [Alt]+[Ctrl]+[N]
文書画面を上下に分割〜戻す [Alt]+[Ctrl]+[S]
分割した画面を閉じる [Alt]+[Shift]+[C]
前のウィンドウを表示 [Alt]+[Shift]+[F6]
[Ctrl]+[Shift]+[F6]
次のウィンドウを表示 [Alt]+[F6]
[Ctrl]+[F6]
選択ウィンドウの表示と非表示を切替え [Alt]+[F10]
XMLタグの表示と非表示を切替え [Ctrl]+[Shift]+[X]


Topへ

Microsoft Word基礎講座