グラフを編集する方法|数値データの変更方法・Excel使用:Microsoft Word基礎講座

Wordではグラフの元になるデータ表とグラフは別になっていて、通常データ表は表示されていません。

理由は論文やレポートではグラフだけ表示されていることが多く、文書内にデータ表がいらない場合があるからだと思います。

それなら一度作成したグラフのデータを変更したい場合どうするか?になると思います。

ここではその編集方法を紹介します。

この記事はWord2002を使用し掲載したものを、Word2019を使用し更新しました。

Word2013でも同様の操作方法になります。

メニューへ
Microsoft Word基礎講座

Word2019でグラフを編集する方法

1.グラフ内をクリックし選択します。
2.リボンの[グラフ ツール]〜[デザイン]〜データグループの[データの編集]をクリックすると、[データの編集]か[Excelでデータを編集]を選択できます


データの編集を選択した場合

Excelに似たデータシートが表示するので、データを編集します。
編集結果はリアルタイムに反映されるので、見ながら編集できます。


Excelでデータ編集を選択した場合

Excelが起動しデータシートが表示するので、データを編集します。
タイトルは「Microsoft Word内のグラフ」になっています。
編集結果は上の方法と同じでリアルタイムに反映されるので、見ながら編集できます。


ただデータを編集するだけなので、[データの編集]か[Excelでデータを編集]のどちらでも変わりありません。
データの編集で使用するExcelに似たデータシートは、計算式や関数も使用可能です。

Word2002でグラフを編集する方法

1)グラフを選択し、ツールバーの「表示」から「データシート」をクリックします。

グラフ文書

2)「データシート」に変更する数値を入力します。

グラフ数値の変更

3)グラフが変更されました。

変更されたグラフ文書


Topへ

Microsoft Word基礎講座