表に行や列を挿入または削除する方法:Microsoft Word基礎講座

表に行や列を挿入・削除するには数種類の方法があります。

ここでは、キー・リボン・メニューを使用した代表的な方法を掲載しています。

この記事はWord2002を使用し掲載したものを、Word2019を使用し更新しました。

Word2013でも変更なく、掲載方法で操作可能です。

メニューへ
Microsoft Word基礎講座

リボンとメニューを使用した、表の行や列を挿入または削除する方法

挿入か削除したいセルに移動し、リボンの[表ツール]〜[レイアウト]〜行と列グループにある、[上に行を挿入][下に行を挿入][左に列を挿入][右に列を挿入]から行います。
リボンの[表ツール]〜[レイアウト]で行う

挿入か削除したいセルに移動し右クリックします、表示されるパネルの[挿入][削除]から行います。
パネルの[挿入][削除]から行う

挿入か削除したいセルに移動し右クリックします、表示されるメニューの[挿入]から行います。
メニューの[挿入]から行う

キーボードで表に行を挿入する方法

表に行を挿入するには2種類の方法があります。

方法1 - 最後の行に追加

1)表の最後の枠(セル)で、TABキーを押します。
表を作成した文書

2)1行追加できました。
1行追加されました

方法2 - 途中の行に追加

1)表の右端にカーソルを移動し、Enterキーを押します。
表の右でエンターキー

2)Enterキーを押した行の下に、新しい行が追加されました。
新しい行が挿入


Topへ

Microsoft Word基礎講座