Word2016とWord2013のホームリボンの違いや新機能を調査 - Word基礎講座

Word2016とWord2013のホームリボンの画像を並べて表示し違いを調べます。

基本操作メニューへ
Microsoft Word基礎講座

ホームリボンは、コピー&ペーストやフォントの設定など、もっともよく使う機能があります。

ここでは、クリップボード・フォント・段落・タイル・編集グループを調べています。

調査結果まとめ

  • 「ページレイアウト」タブが「レイアウト」タブに名前変更されています。
  • デフォルトのフォントが「MS 明朝」から「游明朝」に変わっています。
  • 表示位置のデフォルトが「左寄せ」だったのが「両端揃え」になっています。
  • 検索のアイコンが双眼鏡から虫眼鏡に変わっています。

次の「挿入リボンの違いや新機能」も参照してください。



ホームリボンの違いを調査します。

1)Word2016とWord2013のリボンの違い

ファイル・ホーム・挿入・デザイン・レイアウト・参考資料・差し込み文書・校閲・表示の項目・順序は違いがありませんが、「ページレイアウト」が「レイアウト」に変更されています。


Word2016のリボン
Word2016のリボン

Word2013のリボン

Word2013のリボン

2)クリップボード・フォントグループの違い

デフォルトのフォントが「MS 明朝」から「游明朝」に変わっています。

Word2016のホームリボン

Word2016のクリップボード・フォントグループ

Word2013のホームリボン

Word2013のクリップボード・フォントグループ

3)段落グループの違い

デフォルトが「左寄せ」だったのが「両端揃え」になっています。


Word2016のホームリボン
Word2016の段落グループ

Word2013のホームリボン

Word2013の段落グループ

4)スタイル・編集グループの違い

検索のアイコンが双眼鏡から虫眼鏡に変わっています。


Word2016のホームリボン

Word2016のスタイル・編集グループ

Word2013のホームリボン
Word2013のスタイル・編集グループ


Topへ

Microsoft Word基礎講座