フローチャートの作り方 - Microsoft Word基礎講座

描画キャンバスを使うことがポイントです。これにより図形を線で結ぶ時に、接続点が表示され正確に結ぶことができます。

罫線・表の使い方メニューへ
Microsoft Word基礎講座

リボンの[挿入]〜[図形]〜[新しい描画キャンバス]をクリックします。
[新しい描画キャンバス]をクリックする

リボンの[挿入]〜[図形]〜フローチャートグループから図形を選択し、描画キャンバス内に描きます。
図形の位置やサイズは、後で合わせるので適当でOKです。
フローチャートグループから図形を選択し、描画キャンバス内に描く

配置した全ての図形を選択します。
複数の図形を選択するには、描画キャンバス内で図形を囲むようにドラッグします。

リボンの[描画ツール]〜[書式]〜サイズグループの[サイズ]の▲▼ボタンで調整しサイズを合わせます。
[サイズ]の▲▼ボタンで調整しサイズを合わせる

リボンの[描画ツール]〜[書式]〜[配置]の[左揃え]と[上下に整列]を実行し、位置を合わせます。
[左揃え]と[上下に整列]を実行し、位置を合わせる

リボンの[挿入]〜[図形]の矢印やコネクタで図形を接続します。

図形の上にマウスポインターを移動すると、下のように丸い接続点が表示されます。
この接続点どおしを線で結ぶことで、きれいに描くことができます。
[図形]の矢印やコネクタで図形を接続する

下のように図形を線で結びました。
図形を線で結んだ画面

全ての図形を選択した状態で、リボンの[描画ツール]〜[図形の塗りつぶし]と[図形の枠線]を実行し、見栄えを調整します。
[図形の塗りつぶし]と[図形の枠線]を実行し、見栄えを調整する

フローチャートのプロセスに処理内容を表示します。

図形を選択した状態で右クリックし、表示されるメニューの[テキストの追加]をクリックします。
これで文字が入力できるようになります。
毎回フォントやフォントサイズなどを設定するのは面倒なので、次の図形からはコピー&ペーストで行うと簡単です。
ローチャートのプロセスに処理内容を表示する

図形外の文字はテキストボックスを使います。
図形外の文字はテキストボックスを使う

テキストボックスの、[塗りつぶし][枠線]は「なし」にします。
テキストボックスの、[塗りつぶし][枠線]は「なし」にする

完成したフローチャートです。
複雑なフローチャートを作成する場合は、図形と線のコピー&ペーストを繰り返すことで手早くなります。
完成したフローチャート


Topへ

Microsoft Word基礎講座