Word基礎講座:リボンに開発タブを表示する方法と使い方の画面

開発タブが表示されていないと、マクロやコントロールなどが使用できません。

基本操作・新機能メニューへ
Microsoft Word基礎講座

Wordのデフォルトでは開発タブは表示されていません。

この機能はExcelほど必要ないかもしれませんが、一応覚えておいて無駄にはならないと思います。

開発タブの主な機能は、Visual Basicやマクロの作成と実行・アドイン設定・コントロールの挿入・テンプレートの使用などです。

実行画面を掲載していますのでお試しください。

次の「ショートカットキー カーソル移動」も参照してください。


開発タブを表示する方法と使い方の画面

開発タブの出し方

リボンの[ファイル]をクリックします。

リボンの[ファイル]をクリックする

左メニューに表示されている[オプション]をクリックします。

[オプション]をクリックする

Wordのオプションが開きます。

左メニューの[リボンのユーザー設定]をクリックし、右側のリストで「開発」にチェックを入れます。

[OK]ボタンをクリックし文書画面に戻ります。

逆にチェックを外すと開発タブの表示は消えます。

右側のリストで「開発」にチェックを入れる

これで[開発]タブが表示されます。

[開発]タブが表示された

開発タブの使い方の画面

開発タブのリボンです。

タブには、コード・アドイン・コントロール・マッピング・保護・テンプレートのグループがあります。

開発タブのリボン

Visual Basicをクリックすると、VBAの編集・実行画面が表示されます。
Visual Basic画面

コントロールのチェックボックスを使うと、下のようなデータを選択できる文書を作成できます。

コントロールのチェックボックス


Topへ

Microsoft Word基礎講座