Word2016とWord2013のデザインリボンの違いや新機能を調査 - Word基礎講座

Word2016とWord2013のデザインリボンの画像を並べて表示し違いを調べます。

基本操作メニューへ
Microsoft Word基礎講座

デザインリボンには、文書全体のデザイン設定や、透かし・ページ全体の色・ページ罫線が設定できます。

ここでは、ドキュメントの書式設定・ページの背景グループを調べています。

調査結果まとめ

  • ドキュメントの書式設定グループは、リストから選択できるスタイルセットの種類が変更されています。
  • ページの背景グループに違いはありません。

次の「レイアウトリボンの違いや新機能」も参照してください。


Word2016とWord2013のデザインリボンの違いを調査します。


1)ドキュメントの書式設定グループの違い

ドキュメントの書式設定グループには、文書のテーマ・配色・フォント・段落の間隔・効果があります。

大きな違いはありませんが、リストから選択できるスタイルセットの種類がちょっと変更されているようです。

Word2016のデザインリボン

Word2016のドキュメントの書式設定グループ

Word2013のデザインリボン

Word2013のドキュメントの書式設定グループ

2)ページの背景グループの違い

ページの背景グループには、透かし・ページの色・ページ罫線があります。

違いはありません。

Word2016のデザインリボン

Word2016のページの背景グループ

Word2013のデザインリボン

Word2013のページの背景グループ


Topへ

Microsoft Word基礎講座