文章の一部を枠で囲む4種類の方法 - Word基礎講座

囲み線や図形などで、一部を枠で囲む方法を画像で解説しています。

Microsoft Word基礎講座 > 図のメニューへ


ここでは下記の4種類を使い、枠で囲む方法を掲載しています。

他にページ罫線や表を使う方法もあります。

  1. 囲み線を使い枠で囲む
  2. 線種とページ罫線と網かけの設定を使い枠で囲む
  3. 図形を使い枠で囲む
  4. テキストボックスを使い枠で囲む

いずれも一長一短があるので、文書に合わせて選択してください。

関連する「図の作成:ワードアートで作った文字をデザインする」も参照してください。


囲み線を使い枠で囲む

  1. 囲む文字を選択します。
  2. リボンの[ホーム]〜フォントグループの[囲み線]をクリックします。
フォントグループの[囲み線]をクリック

これで枠を囲むことができました。

ただ行単位になります。

囲み線を使い枠で囲む

線種とページ罫線と網かけの設定を使い枠で囲む

  1. 枠で囲む範囲を選択します。
  2. リボンの[デザイン]〜ページの背景グループの[ページ罫線]をクリックします。
ページの背景グループの[ページ罫線]をクリック

線種とページ罫線と網かけの設定 ダイアログボックスが開きます。
  1. [線種]タブを選択します。
  2. 種類から[囲む]を選択します。
  3. 設定対象で[段落]を選択します。ここで[種類][色][線の太さ]を指定することも可能です。
  4. [OK]ボタンをクリックし完了です。
線種とページ罫線と網かけの設定 ダイアログボックス

下のように段落単位で枠で囲むことができます。
段落単位で枠で囲む

図形を使い枠で囲む

  1. リボンの[挿入]〜図グループの図形をクリックします。
  2. 表示される図形のリストから[四角形]を選択します。
図グループの図形をクリック

  1. ドラッグし文字範囲を囲みます。
  2. デフォルトの図は背景色が付いているので消します。
    リボンの[描画ツール]〜[図形の書式]〜[図形のスタイル]グループの[図形の塗りつぶし]をクリックし[塗りつぶしなし]をクリックします。
図形を使うと自由な位置に枠で囲むことができますが、文章とリンクしていないので改行などでズレることがあります。
図形を使い枠で囲む

テキストボックスを使い枠で囲む

  1. リボンの[挿入]〜テキストグループの[テキストボックス]をクリックします。
  2. テキストボックスのリストが表示されるので選択します。
テキストグループの[テキストボックス]をクリック

文書内にドラッグし配置します。
周囲のハンドルで位置やサイズを変更できます。
テキストボックスを使い枠で囲む

Topへ

Microsoft Word基礎講座