曜日自動表示カレンダー:Excelテンプレートの作り方

カレンダーに自動表示の曜日を追加したテンプレートです、無料でダウンロードできます。

前回作成したカレンダーに曜日を追加します。
日付と同様に、自動的に土日色を表示するように設定します。
セルの書式設定と条件付き書式の設定だけなので変更も簡単です。
追加手順は下記の通りです。

  1. 日付を曜日にコピーする
  2. セルの書式設定で曜日を表示する
  3. 1日目の曜日を下の日にコピーする
  4. 条件付き書式の適用先を変更する

カレンダーに曜日を追加する手順

日付をコピーし曜日を表示する

日付をコピーするには「=B8」でできます。
B8セルは日付が表示されているセルです。

日付をコピーする

曜日が表示されるように設定します。
リボンの[ホーム]~数値グループの右下ボタンをクリックします。

数値グループの右下ボタンをクリックする

セルの書式設定ダイアログボックスが開きます。
[表示形式]タブ~分類から[ユーザー定義]~種類に「aaa」と入力します。

セルの書式設定ダイアログボックス

これで曜日の表示に変わりました。

曜日の表示に変わった

下のセルにコピーします。

下のセルにコピーする

条件付き書式の適用先を変更する

リボンの[ホーム]~スタイル グループの[条件付き書式]~[ルールの管理]をクリックします。

[条件付き書式]~[ルールの管理]をクリックする

条件付き書式ルールの管理ダイアログボックスが開きます。

  1. 書式ルールの表示で「このワークシート」を選択します。
  2. ルールの適用先を変更します。
    「=$B$8:$B$38」を「=$B$8:$C$38」に変更します。
条件付き書式ルールの管理ダイアログボックス

コピーして変更になった罫線を修正してください。

コピーして変更になった罫線を修正する

曜日を追加したカレンダーのテンプレートを無料ダウンロード:A4サイズ

曜日自動表示カレンダーのテンプレート

カレンダー
2021年12月
日付 ビジネス予定 プライベート予定
1木


無料ダウンロード

ダウンロードし使用状況に合わせて、Excelで自由にカスタマイズしご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました