離乳食カレンダー|日付と日数が自動表示できるExcelテンプレートの作り方

Excelで作成した離乳食カレンダーのテンプレートです、無料でダウンロードできます。

離乳食のスケジュールと実際の食事内容を記入する用紙です。
体調や便の有無なども記入できます。
Excelの関数と式で、日付と日数が自動表示できます。
作成方法を掲載しているので参考にしてください。
作成手順は下記の通りです。

  1. 離乳食カレンダーの表を作成します。
  2. 年・月・日・日目にダミーデータを入力します。
  3. DATE関数で翌日の日付を作成します。
  4. 計算式で+1の日数を作成します。
  5. 翌日の日付を+1し作成します。
  6. 下のセルに計算式をコピーし完了です。

掲載済みの「FAX送付状」も参照してください。


離乳食カレンダーの作成手順

離乳食カレンダーの表を作成

下の表を作成し、月・日・日目のダミーデータを入力します。
日目のセルは、BC列・DE列それぞれ結合しています。

離乳食カレンダーの表を作成

日付と日数の計算式を作成する

DATE関数で翌日の日付を作成します。
=DATE(B3,B6,D6)+1

DATE関数は引数の「年」「月」「日」から日付を作成する関数です。
DATE関数の構文
DATE(年, 月, 日)

ここの場合、B3セルは年、B6セルは月、D6セルは日になっています。
これを+1し翌日にしています。

日付と日数の計算式を作成する

「日目」に計算式を入力します。
=B7+1
B7は先頭のデータです、+1し次の日数を計算しています。

「日目」に計算式を入力する

3日目の日付を計算します。
=B8+1
B8セルは2日目の日付です。
+1し翌日を計算しています。

3日目の日付を計算する

3日目の式を下のセルにコピーし完了です。

3日目の式を下のセルにコピーする

離乳食カレンダーのテンプレートを無料ダウンロード:A4サイズ

離乳食カレンダーのテンプレート

2021年 離乳食カレンダー
日付 穀物 野菜 魚・豆腐 授乳
12月20日 左の白枠に月・日と日目を入力してください。 下の日付は自動表示できます。
10日目
12月21日


無料ダウンロード

ダウンロードし使用状況に合わせて、Excelで自由にカスタマイズしご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました