Word基礎講座:通常入力のフォントに文字の効果と体裁で影を付ける方法

ワードアートではない通常のフォントに影を付け、細かな設定を行う方法です。

文書内の文字を目立たせたい場合などに影を付ける方法です。
ワードアートで影を付けた場合、文書を大きく編集するとバランスが崩れることがありますが、通常入力の文字なのでそのようなことは起こりません。
サンプルを選択するだけで設定できますが、透明度やサイズなどの細かな設定も可能です。
ここでは設定する手順を画像で分かり易く解説しています。
使用した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。
関連する「ワードアートを文書に挿入し変形させたり縦書きにする方法」も参照してください。


文字に影を使える方法

  1. 影を付ける文字を選択します。
  2. リボンの[ホーム]~フォント グループの[文字の効果と体裁]をクリックします。
[文字の効果と体裁]をクリックする
  1. 文字デザインのサンプルとメニューが表示されるので[影]をクリックします。
  2. 外側・内側・透視投影の影のサンプルが表示されるので選択します。
    ここでは外側の「オフセット:右」を選択します。
[影]をクリックする

文字に影を付けた文書です。

文字に影を付けた文書

影の詳細設定

リボンの[ホーム]~フォント グループの[文字の効果と体裁]~[影]~[影のオプション]をクリックします。

[影のオプション]をクリックする

文字の効果の設定パネルが開きます。
標準スタイル・色・透明度・サイズ・ぼかし・角度・距離が設定できます。

効果の設定パネル

下は影の色やサイズなどを変更しています。

影の色やサイズなどを変更した文書

影を消す方法

影を消す文字を選択し、リボンの[ホーム]~フォント グループの[文字の効果と体裁]~[影]~[影なし]をクリックします。

[影なし]をクリックする

使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました