Word:PDFファイルの埋め込み方法|文書に貼り付け調整

Wordの文書にPDFファイルを貼り付け、位置や枠の表示設定を行います。

オブジェクトの挿入を使えば、PDFファイルを図としてWord文書に埋め込むことができます。
埋め込まれたPDFファイルは図と同じ操作で、前面背面の位置・サイズと位置・枠線の設定などが可能です。
ここではその操作方法を画像で解説しています。
PDFファイルを使うには、Adobe ReaderなどのPDF対応ソフトのインストールが必要です。
次の「文字に下線をつける」も参照してください。


Wordの文書にPDFファイルを埋め込む方法

オブジェクトの挿入でPDFファイルを埋め込む

リボンの[挿入]~テキストグループの[オブジェクト]をクリックします。

テキストグループの[オブジェクト]をクリックする

オブジェクトの挿入ウィンドウがひらきます。
オブジェクトの種類から「Adobe Acrobat Document」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

オブジェクトの挿入ウィンドウ

ファイルを開くダイアログボックスが開くので、使用するPDFファイルを選択します。

ファイルを開くダイアログボックス

これで文書にPDFファイルが表示されます。
下は、A4縦文書にA4横のPDFを埋め込んだ画面です。

文書にPDFファイルが表示された

枠の4隅と中央にハンドルが表示されるので、図と同様にドラッグしサイズを変更できます。
位置を変更するには、リボンの[レイアウト]~[文字列の折り返し]で「前面」や「背面」などに設定しドラッグします。

ハンドルをドラッグしサイズを変更する

埋め込んだPDFファイルに枠線を表示する

枠を表示することができます。
右クリックし表示されるメニュ-の[線種とページ罫線と網かけの設定]をクリックします。

[線種とページ罫線と網かけの設定]をクリックする

罫線ウィンドウが開くので、線色や線種などを設定します。

罫線ウィンドウ

これで文書内に埋め込んだPDFファイルに、枠線を表示することができました。

文書内に埋め込んだPDFファイルに、枠線を表示した
タイトルとURLをコピーしました