Word基礎講座:編集に便利なショートカットキー一覧|コピー・貼り付け等

ショートカットキーを使うと手をマウス移動しなくてもいいので早い入力ができます。ここではキーボードだけで使える、編集に便利なショートカットキーの一覧です。

操作を取り消す[Ctrl]+[Z]・操作をやり直す、繰り返す[Ctrl]+[Y]・選択範囲をクリップボードにコピー[Ctrl]+[C]・クリップボードの内容の貼り付け[Ctrl]+[V]は、Windows操作でもよく使うので覚えておくと便利です。
ショートカットキーの使い方
例えば、操作を取り消す([Ctrl]+[Z])の場合、[Ctrl]キーを押しながら同時に[Z]キーを押します。
これで操作を取り消すことができます。
次の「ファイルを操作するショートカットキーの一覧表」も参照してください。


編集に便利なショートカットキー一覧表

操作を取り消す[Ctrl]+[Z]
[Alt]+[Back Space]
取り消した操作のやり直し[Alt]+[Shift]+[Back Space]
操作をやり直す、繰り返す[F4]
[Ctrl]+[Y]
[Alt]+[Enter]
単語の先頭まで削除[Ctrl]+[Back Space]
単語の末尾まで削除[Ctrl]+[Delete]
選択範囲をコピー[Shift]+[F2]からコピー先で[Enter]
選択範囲を移動[F2]から移動先で[Enter]
選択範囲をクリップボードにコピー[Ctrl]+[C]
[Ctrl]+[Insert]
選択範囲を切り取り、クリップボードにコピー[Ctrl]+[X]
[Shift]+[Delete]
クリップボードの内容の貼り付け[Ctrl]+[V]
[Shift]+[Insert]
英字を、大文字→小文字→先頭のみ大文字の順で変換[Shift]+[F3]
選択範囲をスパイクに登録
(スパイクとは、別々の部分を切り取り、まとめて貼り付ける機能)
[Ctrl]+[F3]
登録したスパイクの貼り付け[Ctrl]+[Shift]+[F3]
形式を選択して貼り付けのダイアログを開く[Alt]+[Ctrl]+[V]
操作をリボンまたは前の作業ウィンドウに移す[Shift]+[F6]
タイトルとURLをコピーしました