Word基礎講座:連続直線の引き方・戻り方・終り方・水平垂直線

フリーフォーム:図形を使った連続直線の引き方を解説しています。

連続直線を使用すると、線同士の接点がズレないで引けるので、仕上がりが綺麗になります。
地図の略図やレイアウト図などを作成する場合には活用でき、作業時間も短縮できます。
さらにShiftキーを押しながら引くと、水平・垂直・45度の直線になります。
ここではWord2007のツールバーとWord2013のリボンの使い方を掲載しています。
関連する「曲線を引く2つの方法|図形と頂点の編集の使い方」も参照してください。


フリーフォーム:図形を使った連続直線の引き方

Word2013の場合

リボンの[挿入]~図グループの[図形]~線グループの[フリーフォーム:図形]をクリックします。

[フリーフォーム:図形]をクリックする

連続直線の引き方は、始点をクリック、次の点をクリック、これを繰り返します。
1つ前の点に戻るにはBackSpaceキーを押します。
終了するにはダブルクリックするかESCキーを押します。

連続直線の引き方・戻り方

Shiftキーを押しながら引くと、水平・垂直・45度の直線を引くことができます。

Shiftキーを押しながら引く

下画像のように、最後にマウスポインターを始点に近づけると、閉じた図形になり背景色が塗られます。
このように背景色が付けば、閉じた図形になります。

閉じた図形になり背景色が付く

連続直線で作成した図形です。
背景色や線色・線種などは、通常の図形と同じ方法で設定できます。

連続直線で作成した図形

Word2007の場合

図形描画のツールバー
図形のツールバー
  1. オートシェイプ - 線 - フリーフォーム
  2. 内部を塗ります。閉じた図形でなくても塗ることができます
  3. 線色を変更します
  4. 線の太さを変更します
  5. 線種(実線・点線)に変更します
連続直線の描き方

ツールバーの「オートシェイプ」 - 「線」 - 「フリーフォーム」を選択します。
始点から終点までクリックし、これを繰り返し終点でダブルクリックします。
最終点を始点にすると閉じた図形になります。

連続直線を使った図形
タイトルとURLをコピーしました