テキストボックスを図形に変更しアイコンでオシャレにする - Word基礎講座

テキストボックスは矢印や吹き出しなどの図形に変更することができます。

Microsoft Word基礎講座 > 図のメニューへ


テキストボックスは文書とは別に自由に配置できるので大変便利な機能です。

チラシや広報誌を作成する場合、デフォルトでは味気ないのでオシャレに変更する方法を紹介します。

作成した文書です。

テキストボックスをオシャレにした文書

変更手順は下記のようになります。

  1. テキストボックスを文書内に挿入します。
  2. 内部と外部の余白を変更します。
  3. テキストボックスを図形に変更し、色を付けます。
  4. ピンのアイコンを挿入します。
  5. アイコンの色や配置を調整し完了です。

ここでの作成例を無料でダウンロードできます、ご利用ください。

関連する「図の作成:ワードアートで作った文字をデザインする」も参照してください。


テキストボックスを挿入し余白を設定する

  1. リボンの[挿入]〜[テキストボックス]をクリックします。
  2. テキストボックスの書式が異なるリストが表示されるので選択します。ここでは「シンプル」を選択しました。
テキストボックスを挿入する

テキストボックスの内側の余白を設定します。

  1. テキストボックスを選択した状態で、リボンの[図形の書式]〜図形のスタイルグループの右下にある矢印をクリックします。
  2. 図形の書式設定ウィンドウが開くので、[レイアウトとオプション]のアイコンを選択します。
  3. 下の左右上下の余白に長さを入力します。
テキストボックスの内側の余白を設定する

テキストボックスの外側の余白を設定します。

  1. リボンの[描画ツール]〜[図形の書式]〜配置グループの[図形の折り返し]をクリックします。
  2. 表示されるメニューの[その他のレイアウト オプション]をクリックします。
テキストボックスの外側の余白を設定する

レイアウト ダイアログボックスが開きます。
  1. [文字列の折り返し]タブを選択します。
  2. 文字列との間隔グループの上下左右に余白の長さを入力します。
文字列の折り返しを設定する

テキストボックスを図形に変更する

  1. テキストボックスを選択した状態でリボンの[描画ツール]〜[図形の書式]を選択します。
  2. 図形の挿入グループの[図形の編集]をクリックします。
  3. 表示されるメニューの[図形の変更]をクリックします。
  4. 図形のリストが表示されるので、変更したい図形を選択します。ここでは「四角形:メモ」を選択しました。

図形によって細かな設定部分があるので、文書に合わせて調整します。

テキストボックスを図形に変更する

変更した図形に色を付けます。
  1. リボンの[描画ツール]〜[図形の書式]を選択します。
  2. [図形の塗りつぶし]をクリックします。
  3. 色のパレットが表示されるので色を選択します。
変更した図形に色を付ける

アイコンを挿入する

  1. リボンの[描画ツール]〜[図形の書式]〜[挿入]を選択します。
  2. 図グループの[アイコン]を クリックします。
アイコンを挿入する

アイコンの挿入ダイアログボックスが開きます。

  1. 挿入したいアイコンを検索します。ここは「ピン」を検索しました。
  2. 見つかったアイコンが表示されるので選択します。
  3. [挿入]ボタンをクリックします。
アイコンを検索する

リボンの[グラフィック ツール]〜[グラフィック形式]〜[グラフィックの塗りつぶし]で色を選択します。
アイコンに色を塗る

  1. リボンの[グラフィック ツール]〜[グラフィック形式]〜[文字の折り返し]をクリックします。
  2. 表示されるメニューの[全面]をクリックします。
文字の折り返しを前面にする

アイコンの位置やサイズを調整し完了です。

作成したテキストボックス

作成例の無料ダウンロード


Topへ

Microsoft Word基礎講座