差し込み印刷ができるハガキ:Excelの住所録を使うWordテンプレートの作り方

Wordで作成した差し込み印刷を使ったハガキのテンプレートです、Excel住所録も無料でダウンロードできます。

Wordの差し込み印刷の機能を使うと、Excelの住所録を使い年賀状やラベルの宛先印刷が可能です。
既存のExcelで作成した名簿や連絡表が利用できるので、大変便利な機能です。
印刷はExcelの全ての宛名を一気に印刷することも、1枚ずつ印刷することもできます。
初めて年賀状などを印刷する場合は、画面上で確認し、次に実際に1枚印刷し郵便番号の位置などを確認します。
印刷位置の変更はテキストボックスの位置移動と同じで、選択しドラッグしたり矢印キーで可能です。
作成手順は下記の通りです。

  1. Wordでリボンの[差し込み文書]~[はがき印刷]~[宛名面の作成]をクリックします。
    はがき宛名面印刷ウィザードが始まります。
  2. はがきの種類の選択します。
  3. 縦書きか横書きかを選択します。
  4. 宛名・差出人のフォントを指定します。
  5. 差出人情報を入力します。
  6. 住所録のExcelブックを指定します。
  7. 住所録のシートを選択します。
    これではがき宛名面印刷ウィザードが終了します。

掲載済みの「現金出納帳」も参照してください。


ExcelデータをWordで差し込み印刷する方法

はがき宛名面印刷ウィザードを使用する

Wordでリボンの[差し込み文書]~[はがき印刷]~[宛名面の作成]をクリックします。

[宛名面の作成]をクリックする

はがき宛名面印刷ウィザードの始まります。

はがき宛名面印刷ウィザード

はがきの種類の選択します。
ここでは「通常はがき」を選択しました。

選択できるはがきの種類

  • 年賀/暑中見舞い
  • 通常はがき
  • エコーはがき
  • 往復はがき
はがきの種類を選択する

縦書きか横書きかを選択します。

縦書きか横書きかを選択する

宛名・差出人のフォントを指定します。

宛名・差出人のフォントを指定する

差出人情報を入力します。

差出人情報を入力する

住所録のExcelブックを指定します。

  1. 「既存の住所録ファイル」を選択します。
  2. [参照]ボタンで、住所録のExcelブックを指定します。
住所録のExcelブックを指定する

宛名面印刷ウィザードが終了します。

宛名面印刷ウィザードの終了

住所録のシートを選択します。

住所録のシートを選択する

完成した差し込み印刷のはがき

宛名レコードの移動は、リボンの[差し込み印刷]~結果のプレビュー グループのレコード移動ボタンをクリックするか、レコード番号を入力します。

宛名レコードの移動方法

印刷するには、 リボンの[差し込み印刷]~ 完了グループの[完了と差し込み]~[文書の印刷]で行います。
ここで印刷する宛先のレコードを選択できます。

宛先のレコードを選択する

Wordの差し込み印刷で作成したハガキとExcel住所録のダウンロード

作成したハガキのWordの画面

Wordの差し込み印刷で作成したハガキ

Excelで作成した住所録

Excelで作成した住所録

差し込み印刷のはがき Wordファイルの無料ダウンロード

Excel住所録 無料ダウンロード

ダウンロードし参考にしたり、使用状況に合わせて自由にカスタマイズしご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました