Word基礎講座:囲い文字の設定と解除する方法|サイズや色を変更した場合の方法

全角は1文字、半角は2文字を丸や四角で文字を囲む方法を掲載しています。

マル秘やマル印を文書内に簡単に挿入することができます。
フォントサイズや色を変更することもできます。
ただ全角は1文字、半角は2文字までに制限されています。
ここでは登録と解除する手順を画像で分かり易く解説しています。
入力した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。
関連する「1文字を丸で囲む方法と複数文字を丸で囲む方法」も参照してください。


囲い文字の設定方法

  1. 対象の文字を選択します。
    全角は1文字、半角は2文字までで、それ以上選択していると自動的に制限文字数になります。
  2. リボンの[ホーム]~フォントグループの[囲い文字]をクリックします。
フォントグループの[囲い文字]をクリックする

囲い文字ダイアログボックスが開きます。

  1. スタイルを選択します。
    「文字のサイズを合わせる」を指定すると、元のフォントサイズのままで囲いを付けることができます。
  2. 囲み文字には選択した文字が表示されています。
    囲む図形を選択します。
  3. [OK]ボタンをクリックし設定完了です。
囲い文字ダイアログボックス

下は囲い文字を追加した文書です。

囲い文字を追加した文書

フォントサイズと色を変更した文字に、囲い文字を設定します。

囲い文字を設定する

フォントサイズと色を変更した文字でも、そのままの書式で囲い文字にできます。

フォントサイズと色を変更した文字

囲い文字の解除方法

  1. 解除する文字を選択します。
  2. リボンの[ホーム]~フォントグループの[囲い文字]をクリックし、[スタイル]で「なし」を選択します。
  3. [OK]ボタンをクリックし解除完了です。
[スタイル]で「なし」を選択する

これで解除できました。
ただフォントの色が、なぜか赤から黒に変わりました。

囲い文字が解除できた

文字を入力し囲い文字を作成する

リボンの[ホーム]~フォントグループの[囲い文字]をクリックし、囲い文字ダイアログを開きます。
文字を入力します。
ここでは半角で「OK」と入力しました。

囲い文字ダイアログ

これで下のように囲い文字を挿入することができました。

囲い文字を挿入することができた

使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました