Word基礎講座:読み取りと書き込みパスワードの設定方法

Wordの文書ファイルをパスワードで保護する方法と解除する方法を掲載しています。

Wordの文書ファイルは、読み取りと書き込みそれぞれ設定可能です。
読み取りパスワードを設定すると、編集ができなくなります。
パスワードを忘れると、開くことができなくなるので注意してください。
ここでは手順を画像で分かり易く解説しています。
使用した文書を無料でダウンロードできるので、実際にお試しください。
関連する「ファイルを操作するショートカットキーの一覧表」も参照してください。


文書のパスワード設定方法

リボンの[ファイル]をクリックします。

リボンの[ファイル]をクリックする

左メニューの[名前を付けて保存]をクリックします。

[名前を付けて保存]をクリックする

保存先を指定します。
ここでは[参照]をクリックします。

[参照]をクリックする

名前を付けて保存ダイアログボックスが開きます。
下のツールをクリックし、表示されるメニューの[全般オプション]をクリックします。

名前を付けて保存ダイアログボックス

全般オプション ダイアログボックスが開きます。
[読み取りパスワード]と[書き込みパスワード]を入力します。

  • [読み取りパスワード]を設定すると、パスワードを入力しないとファイルを開くことができません。
  • [書き込みパスワード]を設定すると、パスワードを入力しないと上書き保存ができません。
    ただし名前を付けて保存は可能です。
全般オプション ダイアログボックス

パスワードの確認ダイアログボックスが開きます。
[読み取りパスワード]をもう一度入力します。

パスワードの確認ダイアログボックス

パスワードの確認ダイアログボックスが開きます。
[書き込みパスワード]をもう一度入力します。

[書き込みパスワード]をもう一度入力する

名前を付けて保存ダイアログボックスに戻るので[保存]をクリックします。

[保存]をクリックする

パスワードを設定した文書ファイルを開く方法

開こうとするとパスワード ダイアログボックスが開きます。
[読み取りパスワード]を入力します。
間違うと開くことができません。

[読み取りパスワード]を入力する

続けてパスワード ダイアログボックスが開きます。
[書き込みパスワード]を入力します。

[書き込みパスワード]を入力する

文書のパスワード解除方法

上の設定方法と同じ手順で、全般オプション ダイアログボックスを開きます。
[読み取りパスワード]と[書き込みパスワード]をDeleteキーで削除し空白にします。
[OK]ボタンをクリックし閉じます。

パスワード解除方法

名前を付けて保存ダイアログに戻るので、[保存]ボタンをクリックし解除完了です。

[保存]ボタンをクリックし解除完了

使用した文書の無料ダウンロード
パスワードは[読み取りパスワード][書き込みパスワード]ともに「12345」です。
パスワードを設定した文書ファイルは、そのままでは掲載できないのでZIP形式で圧縮しています。
展開(解凍)しご利用ください。

ご注意:Wordのパスワードは堅牢なものではありませんので、重要な文書にはお勧めしません。


タイトルとURLをコピーしました