Word基礎講座:Excelを使い通貨型に書式設定する方法

Wordは数値を通貨型で表示させることはできないようです、なのでExcelを利用します。

数値を通貨型で表示させるのは、直接「¥」や桁区切りを入力するしかないようです。
数個ならいいですが、表で数値セルがたくさんある場合は大変です。
そこでExcelを利用し、Excelに貼り付け~通貨型に設定~Wordに貼り付けで行います。
ここでは上の操作を、WordとExcel画面の画像で解説しています。
設定前の表を無料でダウンロードできるので実際にお試しください。
関連する「傍点の打ち方・消し方・下に打つ・色を付ける方法」も参照してください。


数値をまとめて通貨型で表示させる方法

下の価格表の金額を通貨型にします。
Wordのリボンで機能を探しましたがありません、ネットでも検索しましたがいい方法は見つかりませんでした。

価格表

Wordでは下のように直接入力しかないようです。

直接入力する

そこでWordがインストールされているなら、Excelもインストールされているはずなので、Excelを使うことにします。

金額の列の上にマウスを移動します。
マウスポインターが黒色の下向き矢印に変わるので、そこでクリックします。
これで列全体が選択できます。
ショートカットキーの[Ctrl]+[C]などでコピーします。

列全体を選択する

Excelにショートカットキーの[Ctrl]+[V]などで 貼り付けます。セル位置はどこでもOKです。
リボンの[ホーム]~数値グループ~コンボボックスで[通貨]を選択します。
ショートカットキーの[Ctrl]+[C]などでコピーします。

Excelで通貨型に設定する

Wordに戻り、ショートカットキーの[Ctrl]+[V]などで貼り付けます。
これでまとめて通貨型になりました。

ショートカットキーの[Ctrl]+[V]で貼り付け

使用した文書の無料ダウンロード

タイトルとURLをコピーしました